Baycomブログサービス びぃぶろぐ

HOME B-Blogって? B-Blogを作ろう B-Blogを使おう 新着情報 FAQ
ブログの登録は簡単
初めてでも簡単につくれます
新規登録する

テーマ別記事一覧
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その153)
今回は前回の続きで、災害などに関する表現をまとめようと思っていたのですが、ちょっと寄り道して別の内容を書いてみます。 この前まであんなに盛り上がっていたワールドカップ...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その152)
先日の大阪北部地震、そして引き続き雨による水害怖かったですね。被害のあった方、お見舞い申し上げます。で、今回はそれに関連して日頃からずっと気になっていた事を、、、 地...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その151)
今回は特に英語に限った事柄でもないんですが、、、 英語学習中の方がネイティブスピーカーに質問する事ってあるでしょう? それが簡単な単語とかならいいんですが、ちょっと難し...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その150)
maestro と言う言葉を聞いた事があるでしょうか? これは、巨匠と言う意味で、主に指揮者に使います。拡大解釈して、指揮者意外に使う事もあるようですが、指揮者以外のミュージ...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その149)
今回もお店の会話中にふと気づいた事ですが、、、 日本語では夜空に輝くアークトゥルスとかフォーマルハウトなどの恒星以外に、地球も月も太陽も皆「星」と言いますよね? で、英...
ヴェルラムのベーコン
ヴェルラムのフランシス・ベーコン(Francis Bacon, 1561年1月22日−1626年4月9日) ベーコンのことをお話しする前に、彼がどのような時代に生まれ、そして死んで行ったのか、そ...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その148)
今回はシンプルに way の使い方の一部をご紹介します。 意味は very とか too などで、とてもとか遥かにとか強調に使います。 例えば、 A is way bigger than B. など。 注意...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その147)
今回は、Tim 先生がいつも口をすっぱくして説明している事をまとめてみます。それは、 V と V(ing) の違い! (※Vは動詞) 最初に結論を書いておくと、 Vは複数回(反...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その146)
皆様おめでとう御座います。2018年初回は、ひとつ上のレベルの英語の学習方についてです。で、その前に、、、 昔ピアノやバイオリンを習っていて、楽譜があれば大まかには何でも...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その145)
Happy holidays! 今日はクリスマスと言う事で、それにちなんだ内容をいくつかご紹介します! まず、最近では Merry Christmas とあまり言わなくなってきた事です。日本ではクリ...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その144)
今回は、直接英語に関する事でもないのですが、、、 日本でハンバーガーを食べに(買いに)行って、高級店を除き、中身(具)の中で食べられない物がないか確認してくれる事ってほぼ...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その143)
今回は最近ちょくちょくお店で話題になる単語の使用法について! 単語は staff です。日本語としても定着していますね。で、それがかえって厄介なようで、間違って使う人が大勢い...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その142)
以前アメリカに住んでいる時に、新しいスニーカーを買おうとショッピングモールに行った時の事です。小学生の低学年ぐらいの男の子が almost! almost! と叫びながらトイレに走っ...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その141)
今回は、route と言う単語を取り上げます。 ポイントは発音です。この単語には「ルート」的な発音と「ラウト」的な発音の二つがあって、解り難いのではないでしょうか? で、日本で...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その140)
今週はシンプルに、 bleep out です。意味は、テレビなどで放送禁止用語に入る、ピーと言う効果音の事です。 動詞でも名詞でも使います。また、派生として、 beep out と言う...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その139)
ゴールデンウィークいかがでしたか? GWの事を話していて各方面から聞こえてきたのが、中国人とか韓国人ってマナー悪いよねと言う物。社会現象にもなっているので今更その事に...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その138)
今回はこれです。 at large 色々な意味がありますが、今回取り上げるのは、 (犯人などが)、逃走中 と言う意味で、英語でニュースなどを聞いていると良く出てくる表現です
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その137)
先日ミュージシャンの話で、どうやってプロになって有名になって〜みたいな話の時に出てきた表現で、今回は hole in the wall です。 意味は、薄暗い隠れた場所とか、人目につ...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その136)
先日テレビの歌番組にスティーヴィーサラス(Stevie Salas)が出ていて、B'sの稲葉浩志と競演していました。今回のトピックはそこでの出来事からですが、曲を終えた後のインタビュー...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その135)
英語と日本語、もしくは現地語で国名の発音が違っているケースは非常に多いですが、日本では国自体をちゃんと認識していないケースもあるようです。 例えば、オランダ! 英語で...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その134)
昔(もしくは現役)学校で習ったと思いますが、同じスペルで異なる意味の単語、同音異義語(homonym・homophone)があります。もちろんこれは無数にありますが、発音も違う単語がありま...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その132)
前回の続きで、、、 逆バージョン発見しました! 具体的な内容は伏せますが、有名な観光地を紹介する日本のインターネットサイト(割と公共のサイトも含めて複数)に次のような感...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その131)
今回は、先日お店での会話中に出て来た不思議な表現について、、、 それは、 Buddhism god です。意味は予測できるのですが、聞いていて何とも変な違和感を感じます。 と言う...
【ウル虎の夏2016】甲子園球場でウル虎の夏2016限定オリジナルジャージをゲットしよう!
皆様こんにちは、ぐっぴーです[:豚:][:豚:] ようやく梅雨も明けて、 夏らしい天気と、蝉の声が広がっていますね。 野田阪神店は、高架下にあり扉もあるんですが、 蝉の声...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その130)
今回はシンプルに、 OTC です。元は Over The Counter で、意味は全般的に「窓口取引の〜」と言う意味になりますが、 特に医療関連で、「処方箋が無くても店頭で買える薬」と言う...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その129)
今回は、 No one can say "no" to their wife. です。世の旦那達の悲哀を取り上げたい訳ではありません。 ポイントは、their wife の部分。 これって考え出すと、their は複数...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その128)
今回は catch some z's です。「寝る」と言う意味です。想像はつくと思いますが、これは音から来ています。zzzzzのような感じですね。
人間五十年……
「人間五十年 下天の内をくらぶれば 夢幻の如くなり 一度生を得て 滅せぬ者の あるべきか」 ご存じ、幸若舞曲は『敦盛』の一節です。 幸若舞曲の名句、と、云うよりも、戦...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その127)
今回も引き続き、電車での実話シリーズ! ある線に乗ったところ、ある駅から2人連れの外国人が乗ってきました。彼らはベンチシートの一番端に座りました。私はその横のドア横に...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その126)
今回は私(日本人)の実体験のお話です。 JR大阪駅から新大阪に向かって新快速に乗りました。新大阪まではひと駅で、どの電車も停まるので、各停でも快速でも新快速でも良いので...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その125)
今回は、直接英語とは関係の無い事なのですが、皆さんは楽器屋さんとかライブハウスとかの掲示板とかで、メンバー募集などの張り紙を見た事があるでしょうか? A4とかの用紙に内...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その124)
今回は go'to です。昔からBASICプログラムを組んでいる方には、懐かしいかも、、 意味は、「いつも必ず行っている事」や「日課」などです。 After my dinner, my go'to move is to ...
余談だが……
内閣総理大臣のことを、なぜ首相と呼ぶかと云うと── 大臣のことを、中国風に云うと、宰相となる。 文部大臣は文部宰相、法務大臣は法務宰相、それを略して、文部大臣を文相、法...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その123)
「ラッパ飲み」って英語でどう言うか解りますか? guzzle とか swill とかです。 先日テレビでハリウッド版ゴジラを放映していたので、その記念!と言う事で、 ラッパ飲みする人...
本:スコットランドを知るための65章
エリア・スタディーズの136としてこの度「スコットランドを知るための65章」が発刊される。去年、テレビドラマや独立投票で注目を浴びたスコットランドをより知ってもらおうと企画...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その122)
今回は、多重否定表現について。 I have no money. などは、英語と日本語の文の成り立ちの違いとしてよく取り上げられますが、それとはちょっと違う表現です。例えば、 undiscl...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その121)
皆さんの中でもリスニングで苦労されている方は多いと思います。また、日本語英語発音がなかなか治らなくて苦しんでいる方も多いと思います。それもそのはず、学校で習った日本語...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その120)
今回もお店で出てきた発音の事について ネイティブ発音が日本人には聞き取り難かった例です  normal と no more これは more の r の音の強さと長さが全然違うので、解れば簡...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その119)
今回も前回に引き続き、不用意にやらかしそうな日本語発想英語あるあるです! 皆さん学校の英語で、"of 〜" は「〜の」と習った事と思います。書き換え問題などもやったのではな...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その118)
今回はもしかすると、えっ?と思うかも知れない表現です。 皆さんは次のフレーズを聞いた時にどんな意味だと思うでしょうか? I like Mary more than Alice. 実はこのフレーズ...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その117)
今回はちょっと気休め・・・ カラオケに言って英語の歌を歌う時、字幕の英語が間違っている事がよくあります。 えっ、なんかいつも聞いてる原曲ではそう聞こえないけど、、、そ...
『虞美人草』随感
『虞美人草』を読了した。 このあたりから漱石に対する評価の分岐が明瞭になり、ナカナカ面白くなってくる。 それはまた後日述べる(?)として、表面上、面白いのは、登場人物...
エンゲルス批判
エンゲルスは『空想より科学へ――社会主義の発展――』の英語版の序文の中で、次のように述べています。 「不可知論者」は云う。 「われわれのすべての知識はわれわれの感官をつ...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その116)
今回はちょっとした不思議! The Beatles の Let It Be は皆さんご存知だと思います。その歌詞で、 I wake up to the sound music と言う一節があります。何気なく聞き(歌い)飛...
漱石の日
昨2/21は、“夏目漱石の日”だったそうである。 漱石は、鴎外などとは違って、真に“文豪”と称されるに相応しい作家であり、大好きな作家のひとりなのだが、その漱石が文部省から博...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その115)
さて今回は「道」についてです。 01:road 02:street 03:way 04:avenue 05:boulevard 06:strip 07:drive 08:path 09:pass 10:passege 11:alley 12:approach 13:trail 1...
漱石と云えば……
漱石の作品と云えば、なんと云っても、『坊ちゃん』でしょう。 読書嫌い、本嫌いの人たちでも、『坊ちゃん』でしたら、読んだ記憶があるのではないでしょうか。 昔は学校の教科...
『三四郎』(夏目漱石)
元来胃腸は丈夫なはずなのだが、この時季は不具合をおぼえることが多い。 いわゆる、ウイルス性胃腸炎、と、云うやつである。 近所の町医者に行き、診察を待っている間に新聞を...
英会話カフェ It's a Small World ! のあまり役に立たない英語講座 (その114)
皆様明けましておめでとう御座います。 さて今回は、年明け1回目と言う事で、空耳アワーを、それもハイレベルな物を! three years ago → とりあえず行こう! central → 船長 ...
マスコミが第一次ゆとり教育,第二次ゆとり教育,第三次ゆとり教育という用語を使いました。
 昨日,BS朝日で放送されました「久米宏・未来への伝言【受験】」において,マスコミではほぼはじめてと思われますが,ゆとり教育が1980年から3段階になっていることをと...



Copyright(C) B-Blog Project All rights reserved